コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッローディ コッローディ Collodi

2件 の用語解説(コッローディの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コッローディ(Collodi)

イタリア中部、トスカーナ州の都市ルッカの近郊にある村。「ピノッキオの冒険」の作者として知られるカルロ=コッローディというペンネームは、母親の故郷であるこの村の名から採られた。ピノッキオの物語をテーマにしたピノッキオ公園や17世紀にガルゾーニ侯が造ったバロック様式の城館と庭園がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コッローディ
こっろーでぃ
Collodi
(1826―1890)

19世紀イタリアを代表する児童文学作家。本名はカルロ・ロレンツィーニCarlo Lorenzini。フィレンツェ生まれ。ジャーナリスト、演劇評論家として、また騎兵連隊に所属して実際に武器を持ってイタリア独立運動に参加したコッローディは、独立達成後、50歳になってから児童文学の創作を始めた。その最初は、一種の教科書である一連の『ジャンネッティーノ』Giannettinoものである。これを土台に、その後、彼は代表作である『ピノッキオの冒険』(1883)を書いた。この操り人形を主人公にした物語は、同時代の作品であるデ・アミーチスの『クオレ』とともに、その後のイタリア児童文学に大きな影響を与えた。ほかに『ミヌッツォロ』などの作品がある。[安藤美紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コッローディの関連キーワードビアレッジョビンチインペラトーレ城サンタマリアデッラスピーナ教会サントスピリト教会サンフレディアーノ教会マリーナ・ディ・カンポモンテリッジョーニリオ・マリーナルッカ大聖堂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コッローディの関連情報