コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピマーイ寺院 ピマーイじいん

1件 の用語解説(ピマーイ寺院の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ピマーイじいん【ピマーイ寺院】

タイ中東部,バンコクの北東270kmのピマーイPhimaiにあるクメール寺院の遺跡。〈タイのアンコール・ワット〉と俗称される。アンコール朝の11世紀,スールヤバルマン1世の治世に建てられた。砂岩製ブロックラテライト(紅土)製ブロックを積み上げてできているこの寺院は,入口を南に向け,一番外側の土壁は方形で520m×280mあり,その内部には方形で128m×100mの赤色砂岩製の囲壁がある。囲壁の内部に砂岩製の回廊(72m×50m)が設けられ,この方形の回廊の内部中央に中央塔堂がそびえ立つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ピマーイ寺院の関連キーワードグアダルーペ[島]TGVモーゼル運河グレッシャー・エクスプレスエニセイ[川]トメ・アスルイビンスクイカガフサナタル

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone