コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピュー族 ピューぞく Pyu

1件 の用語解説(ピュー族の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ピューぞく【ピュー族 Pyu】

チベット・ビルマ語派に属する言語を使っていたミャンマーの古代民族。イラワジ川流域のプロームを中心に小さな城砦国家を築いて住んでいた。城砦跡は今も数ヵ所残っている。遺跡はいずれも煉瓦造りの長大な城壁で取り囲まれ,外側に濠がめぐっていた。遺跡の出土品からいくつかの共通性がわかる。その一つは骨壺埋葬制で,ピュー族は死者を荼毘に付した後,遺骨を石甕や素焼きの壺に入れて埋葬していた。これはピュー族固有の風習で,ビルマ族には伝承されていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のピュー族の言及

【ミャンマー】より

…それが事実だとすれば,マルタバン湾岸のラーマニャデーサとインド東岸との間には,前3世紀ごろから交流があったということになる。 イラワジ川の流域には,ピュー族の遺跡が点在している。遺跡はいずれも城市の周囲を煉瓦造の長大な城壁で取り囲み,その外側を堀で囲繞(いによう)した防衛的性格の強いものである。…

※「ピュー族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピュー族の関連キーワード語派サンスクリット語チベット語ビルマ語ピリピノ語サンスクリット支那チベット諸語チン語群チベット種 (Tibet)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピュー族の関連情報