コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピュー族 ピューぞくPyu

世界大百科事典 第2版の解説

ピューぞく【ピュー族 Pyu】

チベット・ビルマ語派に属する言語を使っていたミャンマーの古代民族。イラワジ川流域のプロームを中心に小さな城砦国家を築いて住んでいた。城砦跡は今も数ヵ所残っている。遺跡はいずれも煉瓦造りの長大な城壁で取り囲まれ,外側に濠がめぐっていた。遺跡の出土品からいくつかの共通性がわかる。その一つは骨壺埋葬制で,ピュー族は死者を荼毘に付した後,遺骨を石甕や素焼きの壺に入れて埋葬していた。これはピュー族固有の風習で,ビルマ族には伝承されていない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のピュー族の言及

【ミャンマー】より

…それが事実だとすれば,マルタバン湾岸のラーマニャデーサとインド東岸との間には,前3世紀ごろから交流があったということになる。 イラワジ川の流域には,ピュー族の遺跡が点在している。遺跡はいずれも城市の周囲を煉瓦造の長大な城壁で取り囲み,その外側を堀で囲繞(いによう)した防衛的性格の強いものである。…

※「ピュー族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピュー族の関連キーワードチベット・ビルマ語派ボーボージーパゴダタイエーキッタヤーパヤージーパゴダピュー古代都市群ミャゼディパゴダピュー(驃)パガン朝ピェーピイ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android