ピリジンアルカロイド

化学辞典 第2版「ピリジンアルカロイド」の解説

ピリジンアルカロイド
ピリジンアルカロイド
pyridine alkaloid

ピリジン,またはピペリジンの誘導体とみなされるアルカロイドの総称.代表的なものには,ナス科タバコ属植物,トウダイグサ科トウゴマの種子に含まれる,ニコチン酸の誘導体であるトリゴネリンアレカイジンアレコリンニコチン,ノルニコチンのほか,ピペリジン環をもつアナバシン,アナバサミンなどがある.後者には,ほかの植物に含まれるピペリンロベリンコニインプソイドペレチエリンなどもあり,これらはアミノ酸から生合成される.そのほか,アクチニジン(マタタビ科植物),ゲンチアニン(リンドウ科植物)のように,テルペン骨核にアンモニア由来の窒素が導入されて,ピリジン環を形成したものもある.生体成分であるピリドキシン(ビタミン B6)やニコチン酸アミドもピリジンアルカロイドに属する.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android