コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピンスカー Leon Pinsker

世界大百科事典 第2版の解説

ピンスカー【Leon Pinsker】

1821‐91
南ロシアのオデッサの医師で著述家シオニズム運動の先駆者。当初ユダヤ人のロシア社会への積極的同化を主張する開明的ユダヤ人の代表的論客であったが,1881年のポグロムに絶望して翌82年匿名で《自力解放》を発表し,反ユダヤ主義は啓蒙と教育による偏見の克服とともに消滅するものではなく,ユダヤ人がその固有の領土・故国を得て,影のない幻のような存在であることをやめて初めて根絶できると主張し,東ヨーロッパのユダヤ人に衝撃的な影響を及ぼした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のピンスカーの言及

【シオニズム】より

…1881‐82年の激しいユダヤ人迫害(ポグロム)の波とツァーリズム政府の反動的な政策は,ユダヤ人解放の望みを打ち砕いた。ここに始まったユダヤ人の西ヨーロッパおよびアメリカへの大量移住と,因襲的・封鎖的なユダヤ人ゲットー社会の崩壊の開始とともに,ユダヤ人知識人のあいだにナショナリズムと同時に社会主義,さらに一種のロマン主義の混合し合った思想がひろがり,その具体的な実践としてピンスカー,スモレンスキンPerets Smolenskin(1842‐85)の呼びかけで青年・学生らによる〈シオンへの愛〉の運動が生まれた。彼らは小集団でパレスティナへ移住し,そこにユダヤ人入植地を建設しようとした。…

※「ピンスカー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピンスカーの関連キーワードシオニズム運動ヒドゥン2

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android