ピント(読み)ぴんと(英語表記)Fernão Mendes Pinto

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピント(Ferno Mendes Pinto)
ぴんと
Ferno Mendes Pinto
(1509?―1583)

ポルトガルの旅行家、著述家。アフリカや東洋で13回捕虜となり、17回売られるという波瀾(はらん)に富んだ生涯を送った。『遍歴記』(1614)はインド、アラビア、中国、日本での彼の数々の冒険や珍しい観察を書きつづったもので、多少の誇張はあるが近年は物語の本質の真実性が認められてきた。大航海時代の裏面における東洋での、同胞の行為に対する著者の隠しきれない批判が推測される。[濱口乃二雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピントの関連情報