コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピートレティーフ ピートレティーフPiet Retief

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピートレティーフ
Piet Retief

南アフリカ共和国北東部,ムプマランガ州南東部の町。ヨハネスブルク東南東約 290km,スワジランドとの国境近くに位置。農業の中心地でタバコトウモロコシ,果樹栽培のほか,皮なめし用のワットル樹皮の加工が行なわれる。人口約 1万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ピート‐レティーフ(Piet Retief)

南アフリカ共和国北東部、ムプマランガ州の町。スワジランドとの国境近くに位置する。林業が盛ん。名称は19世紀後半のグレートトレックとよばれるボーア人の大移動を先導し、ズールー族との戦いで亡くなった人物に由来する。オランダ改革派の教会や開拓当時の建物が残っている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone