コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファイドロス Phaidros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファイドロス
Phaidros

プラトンの中期の対話篇。ソクラテスとファイドロスが主人公。副題「美について」あるいは「愛について」。第1の主題は特に『ゴルギアス』と深いかかわりをもつ弁論術のロゴス的性格の吟味であり,もう一つの主題は『饗宴』や『イオン』と密接な関係に立つ神的な狂気としての愛の問題である。これらの主題と切り離すことができない哲学者の定義,方法の問題,ロゴス (言語) の問題,魂の輪廻や不死の説明などもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のファイドロスの言及

【ファエドルス】より

…生没年不詳。ギリシア名ファイドロスPhaidros。トラキア生れの奴隷であったが,イタリアで教育を受け,アウグストゥス帝によって自由人とされた。…

※「ファイドロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ファイドロスの関連キーワードヘルメイアス[アレクサンドリア]シュナゴゲー汝自身を知れファエドルス総合