ファティマ(英語表記)Fátima

翻訳|Fatima

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポルトガル中部,サンタレン県北西部,コバダイリア台地にある。 1917年5月 13日に付近の子供3人が聖母マリアの幻影を目撃して以降聖地として有名となり,現在では壮麗な聖堂が建ち,毎年多数の巡礼が参詣する。人口 525 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ポルトガル中西部,サンタレン県レイリアの南東約20kmにある村。1917年にこの地で聖母マリア出現の奇跡があったと伝えられ,以後毎年約20万人の巡礼が訪れる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポルトガル中部,サンタレン県にある聖地。リスボン北北東約110kmに位置する。1917年5月13日,を追う3人の子どもが同地のコーバ・ダ・イリア丘で聖母マリアを目撃したといわれ,以来〈ファティマの聖母〉が内外の信仰を集めることとなった。30年10月13日〈聖母の出現〉はレイリア司教の公認を得,同年,教皇贖宥が巡礼者に与えられた。53年広大な聖堂が完成。毎月13日,とくに5月と10月にファティマ巡礼は最高潮に達する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ファティマの関連情報