コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファルー法 ファルーほう Loi Falloux

1件 の用語解説(ファルー法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ファルーほう【ファルー法 Loi Falloux】

1850年3月,第二共和政下のフランスで成立した教育制度に関する法令。当時の文相ファルーFrédéric Albert,comte de Falloux(1811‐86)にちなんで名付けられたものである。二月革命後の臨時政府の文相カルノーが,憲法制定議会に提出した教育法案では,初等教育の義務・世俗・無償の原則が掲げられていたため,これまで教育管理に強い力をもっていた地方名望家層や聖職者はこれに危機感をもつようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ファルー法の関連キーワード第四共和政ブラン第三共和制第二共和制第二身分仏蘭西共和政治フランスデモマンデスフランスフランス・デパート殺人事件

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone