コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファルー法 ファルーほうLoi Falloux

1件 の用語解説(ファルー法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ファルーほう【ファルー法 Loi Falloux】

1850年3月,第二共和政下のフランスで成立した教育制度に関する法令。当時の文相ファルーFrédéric Albert,comte de Falloux(1811‐86)にちなんで名付けられたものである。二月革命後の臨時政府の文相カルノーが,憲法制定議会に提出した教育法案では,初等教育の義務・世俗・無償の原則が掲げられていたため,これまで教育管理に強い力をもっていた地方名望家層や聖職者はこれに危機感をもつようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ファルー法の関連キーワードテーラー道光帝序曲難波抱節ニーマン当用漢字道光帝プロシア憲法専修大学漂流

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone