コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファルー法 ファルーほうLoi Falloux

世界大百科事典 第2版の解説

ファルーほう【ファルー法 Loi Falloux】

1850年3月,第二共和政下のフランスで成立した教育制度に関する法令。当時の文相ファルーFrédéric Albert,comte de Falloux(1811‐86)にちなんで名付けられたものである。二月革命後の臨時政府の文相カルノーが,憲法制定議会に提出した教育法案では,初等教育の義務・世俗・無償の原則が掲げられていたため,これまで教育管理に強い力をもっていた地方名望家層や聖職者はこれに危機感をもつようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ファルー法の関連キーワード逃亡奴隷法テーラーゴールド・ラッシュ縮合道光帝アールブルク小泉八雲コールチェンバレンパービス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android