コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファンタシア・カタレプティケ phantasia katalēptikē

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファンタシア・カタレプティケ
phantasia katalēptikē

直覚的想念を意味するギリシア語。カタレプシス的表象ともいわれる。初期ストア派における認識論上の真理基準を示す重要な概念。ファンタシアは夢や妄想におけるイメージも含むが,そのなかで,知覚に基づく単なる思い込みではなくて,事実として認めざるをえないような争いがたい明証性 (実在性) のもとに,事象の直覚がなされるときの想念を特にファンタシア・カタレプティケといい,これに対して同意承認を与えることを直覚的把握 (カタレプシス) という。自然への一致の思想の中核となる概念。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ファンタシア・カタレプティケの関連キーワードフィロン[ラリッサ]

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android