コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・デル・ヘイデン Jan van der Heyden

世界大百科事典 第2版の解説

ファン・デル・ヘイデン【Jan van der Heyden】

1637‐1712
オランダの街景,建築画家。ホルクムに生まれ,幼少のうちにアムステルダムに移住してガラス絵師から画業を学ぶ。〈街景画〉の最初の専門画家として,アムステルダムをはじめとするオランダ,北西ドイツ各都市や架空の幻想的都市の景観を描く。同時代人から〈建築の煉瓦の間のしっくいが見えるほどだ〉と評されるほど精緻で,光の微妙な明暗の描写にも優れるが,必ずしもつねに実景に忠実なわけではなく現実のモティーフに基づきつつもしばしば合成や改変がなされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファン・デル・ヘイデンの関連キーワードマストリリデカルト隠元コルネイユ(Pierre Corneille)島原・天草一揆ル・シッド小原大丈軒戸田忠利カティナ小原大丈軒

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android