コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・マンデル Carel van Mander

1件 の用語解説(ファン・マンデルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ファン・マンデル【Carel van Mander】

1548‐1606
オランダの画家,詩人,芸術理論家。南ネーデルラントの出身。1573年よりイタリアに滞在,次いでスプランヘルと親交を結びウィーンで協業したのち,1583年ハールレムに移住。版画家ホルツィウス,画家コルネリスゾーンC.Cornelisz.とともに〈ハールレムのマニエリスト〉の中心的存在となったが,彼の長所は実制作よりもむしろ理論面に存している。5部から成る《画家の書》(1604)が代表作で,とくにその第3部〈ネーデルラントおよびドイツ著名画家列伝〉は最初の北方画派の伝記資料として,イタリア画派に関するバザーリ《芸術家列伝》に匹敵する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ファン・マンデルの関連キーワードフランス演劇榊原康政榊原康政榊原康政榊原康政榊原康政北政所徳川忠長クック岩手の葉タバコ生産

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone