コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・マンデル Carel van Mander

世界大百科事典 第2版の解説

ファン・マンデル【Carel van Mander】

1548‐1606
オランダの画家,詩人,芸術理論家。南ネーデルラントの出身。1573年よりイタリアに滞在,次いでスプランヘルと親交を結びウィーンで協業したのち,1583年ハールレムに移住。版画家ホルツィウス,画家コルネリスゾーンC.Cornelisz.とともに〈ハールレムのマニエリスト〉の中心的存在となったが,彼の長所は実制作よりもむしろ理論面に存している。5部から成る《画家の書》(1604)が代表作で,とくにその第3部〈ネーデルラントおよびドイツ著名画家列伝〉は最初の北方画派の伝記資料として,イタリア画派に関するバザーリの《芸術家列伝》に匹敵する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファン・マンデルの関連キーワードヘールトヘン・トート・シント・ヤンスハルス(Frans Hals)フーブラーケンフローリス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android