コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・マンデル Carel van Mander

1件 の用語解説(ファン・マンデルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ファン・マンデル【Carel van Mander】

1548‐1606
オランダの画家,詩人,芸術理論家。南ネーデルラントの出身。1573年よりイタリアに滞在,次いでスプランヘルと親交を結びウィーンで協業したのち,1583年ハールレムに移住。版画家ホルツィウス,画家コルネリスゾーンC.Cornelisz.とともに〈ハールレムのマニエリスト〉の中心的存在となったが,彼の長所は実制作よりもむしろ理論面に存している。5部から成る《画家の書》(1604)が代表作で,とくにその第3部〈ネーデルラントおよびドイツ著名画家列伝〉は最初の北方画派の伝記資料として,イタリア画派に関するバザーリ《芸術家列伝》に匹敵する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ファン・マンデルの関連キーワードオランダ語オランダ商館オランダ通詞オランダ屋敷レンブラントイギリスオランダ戦争オランダ坂オランダ渡りダッチオランダの犯罪

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone