コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィエゾーレ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィエゾーレ

ミノ・ダ・フィエーゾレ」のページをご覧ください。

フィエゾーレ
Fiesole

イタリア中西部,トスカナ州フィレンツェ県,フィレンツェ郊外の町。保養地として知られ,多数の別荘や庭園がある。ローマ時代の劇場,浴場が残っているが,町の起源はそれより古く,前9~前8世紀とされる。エトルリア同盟都市の一つで前283年ローマ人に奪われた。前80年以後繁栄したが,405年異民族に征服され,以後衰退,フィレンツェに取って代わられた。主要産業は麦わら製品,採石など。画家フラ・アンジェリコの『聖母子と諸聖人』が飾られた聖ドメニコ聖堂(15世紀)がある。イタリア式庭園を代表するメディチ家のビラ(別荘)が 2013年,世界遺産の文化遺産に登録された。人口 1万4808(2001推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フィエゾーレの関連キーワードヨーロッパ連合大学ランディーニボルジェーゼトスカナ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android