コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィエーゾレ フィエーゾレ Fiesole

2件 の用語解説(フィエーゾレの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フィエーゾレ(Fiesole)

イタリア中部、トスカーナ州の都市フィレンツェの近郊にある町。エトルリア人が築いた町に起源し、古代ローマ時代の劇場や浴場の遺跡もある。ルネサンス期にはメディチ家をはじめ、フィレンツェの有力貴族の別荘が建てられた。13世紀から15世紀のフィレンツェ派の絵画を所蔵するバンディーニ美術館がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィエーゾレ
ふぃえーぞれ
Fiesole

イタリア中部、トスカナ州フィレンツェ県の都市。人口1万4142(2001国勢調査速報値)。フィレンツェ北東8キロメートルの標高295メートルの丘上に位置する保養地。エトルスキ(エトルリア人)によって建設され、その時代の城壁がいまも残る。ルネサンス期にメディチ家をはじめとするフィレンツェの貴族たちの別荘が多く建てられた。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィエーゾレの関連キーワードビアレッジョビンチインペラトーレ城サントスピリト教会シニョリーア広場ストロッツィ宮殿ベルベデーレ要塞ボーボリ庭園モンテリッジョーニリオ・マリーナ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィエーゾレの関連情報