コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィエーゾレ Fiesole

デジタル大辞泉の解説

フィエーゾレ(Fiesole)

イタリア中部、トスカーナ州の都市フィレンツェの近郊にある町。エトルリア人が築いた町に起源し、古代ローマ時代の劇場や浴場の遺跡もある。ルネサンス期にはメディチ家をはじめ、フィレンツェの有力貴族の別荘が建てられた。13世紀から15世紀のフィレンツェ派の絵画を所蔵するバンディーニ美術館がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィエーゾレ
ふぃえーぞれ
Fiesole

イタリア中部、トスカナ州フィレンツェ県の都市。人口1万4142(2001国勢調査速報値)。フィレンツェ北東8キロメートルの標高295メートルの丘上に位置する保養地。エトルスキ(エトルリア人)によって建設され、その時代の城壁がいまも残る。ルネサンス期にメディチ家をはじめとするフィレンツェの貴族たちの別荘が多く建てられた。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フィエーゾレの関連キーワードミーノ・ダ・フィエーゾレフェルッチオ フェラガモジョバンニ・ダルマタフラ・アンジェリコシスティナ礼拝堂ルネサンス美術ロッセリーノランディーニベックリンブソッティ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android