フィオレンツァ コッソット(英語表記)Fiorenza Cossotto

20世紀西洋人名事典の解説

フィオレンツァ コッソット
Fiorenza Cossotto


1935.4.22 -
イタリアのメゾ・ソプラノ歌手。
クレシェンティーノ生まれ。
エットーレ・カンポガリアーニに師事し、1955年にミラノ・スカラ座で「マノン・レスコー」を歌ってデビューした。’61年にジュリエッタ・シオミナートの代役で歌い評判となり、’62年にローマで「アイーダ」のアムネリスを歌って大成功をおさめた。世界各地の主要劇場に招かれ、また、マリア・カラスと共演し、シオミナート引退後は名実共にイタリアを代表する歌手となった。豊かな低音から美しく響く高音までなめらかにつながった声質を持ち、劇的表現や演技力にも定評がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

フィオレンツァ コッソット
Fiorenza Cossotto


国籍
イタリア

専門
メゾソプラノ歌手

生年月日
1935/4/22

出生地
ヴェルチェルリ近郊クレシェンティーノ

学歴
ヴェルディ音楽院(トリノ)

経歴
イタリア各地の声楽コンクールで優勝や入賞を重ね、1957年オペラデビューし、’58年スカラ座デビュー。以後、スカラ座をはじめローマ、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場などに出演、天性の美声、巧みな演技力、舞台映えする容姿を兼ね備え、イタリア・オペラで当代最高との名声を得る。レパートリーはマッダレーナ、アムネリス、カルメン、サントゥッツァなど。’71年初来日。2007年東京で、ヴェルディのオペラ「イル・トロヴァトーレ」と、デビュー50周年のガラコンサートに出演。

受賞
文化芸術アメリカ賞〔1987年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android