コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マノン・レスコー(英語表記)Manon Lescaut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マノン・レスコー
Manon Lescaut

フランスの小説家アベ・プレボーの代表作。 1731年,半自伝的小説『ある隠遁した貴族の回想と冒険』 (7巻) の最終巻として出版。 53年に加筆訂正された決定版が単独で刊行された。正式の題名は『シュバリエ・デ・グリューとマノン・レスコーの物語』 Histoire du chevalier des Grieux et de Manon Lescaut。華美と贅沢を好み愛と本能のままに生きる美少女への愛のため,一切を捨て破滅する聖職者志望の名門出の青年の悲恋物語。心理描写にすぐれた 18世紀の代表的恋愛小説。のちにマスネープッチーニによってオペラ化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マノン・レスコー

プレボーの小説。1731年刊。自伝的小説《隠遁した一貴族の回想と冒険》の一部だったが,1753年には増補されて単独に刊行された。不実な女性マノンに寄せる青年デ・グリューの激しい情熱と社会的破滅を描く。風俗描写と心理分析が見事なことと,ロマン主義的色彩が濃く現れていることによって注目される。マスネープッチーニによってオペラ化された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

マノン・レスコー

イタリアの作曲家ジャコモ・プッチーニのイタリア語による全4幕のオペラ(1893)。原題《Manon Lescaut》。原作はアベ・プレヴォーの同名の長編小説。美少女マノンとの恋に落ちた騎士デ・グリユーの身の破滅を描く。プッチーニの出世作として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マノン・レスコー
まのんれすこー
Manon Lescaut

フランスの作家アベ・プレボーの小説。1731年刊。正しくは『シュバリエ・デ・グリューとマノン・レスコーの実話』La vritable histoire du chevalier Des Grieux et de Manon Lescaut。『隠棲(いんせい)したある貴人の回想録』(1728~31)と題された作品集の第七巻に含まれる作品だったが、『マノン・レスコー』は別巻で出版され、当時から今日に至るまで、プレボーといえば一般に『マノン・レスコー』の作者と知られるほどこの作品は有名である。
 学業を終え、アミアンから故郷へ帰ろうとしたデ・グリューは、アラス行きの馬車から降りた美しいマノンの魅力にすっかりとらわれてしまう。父親や親友ティベルジュを欺き、2人はパリに駆け落ちする。デ・グリューの懐(ふところ)具合が寂しくなるとほかの男に目移りする小悪魔的なマノンは、女性の一面をのぞかせる。デ・グリューは犯罪を重ねても彼女の魔性から逃れられない。やがてマノンはアメリカへ送られ、彼はそのあとを追っていくが、最後はマノンとともに砂漠へ逃げる。マノンは疲労のためにそこで死に、デ・グリューはその亡骸(なきがら)を砂に埋めてフランスに戻る。2人の情念が現世で成就(じょうじゅ)できないという設定に、作者の宗教観の投影をみることができる。[市川慎一]
 また、この作品は、マスネ作曲『マノン』(1884、パリ初演)、プッチーニ作曲『マノン・レスコー』(1893、トリノ初演)、ヘンツェ作曲『孤独な通り』(1952、ハノーバー初演)と、オペラ化されている。[編集部]
『河盛好蔵訳『マノン・レスコー』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android