コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィオレ Fiore, Pasquale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィオレ
Fiore, Pasquale

[生]1837.4.8. テルリッチ
[没]1914.12.17. ナポリ
イタリアの法学者。ウルビノ,ピサ,トリノ各大学に学び,1863年からウルビノ,ピサ,トリノ,ナポリ各大学教授を歴任。専門は法律の各分野にわたるが,特に国際法に顕著な業績を残した。 81年に『国際刑法及び逃亡犯罪人引渡論』 Traité de droit pénal international et l'extraditionを著わして,国際法を分化して国際刑法を独立させ,1901年には国際私法のいわゆるイタリア学派の代表的著作と評される『国際司法要論』 Elementi di diritto internazionale privatoを出版。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フィオレの関連キーワードサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂シニシャ ミハイロヴィッチプレドラグ ミヤトヴィッチアルベルト ジラルディーノディエゴ デッラ・ヴァッレバルトロメオ・デラ・ガッタチェーザレ プランデッリマルティン ヨルゲンセンヨアキム・デ・フローリスクリスチャン ヴィエリクラウディオ ラニエリジェローム ワイドマンアーウィン コースタルセバスチャン ラザロニカルチョ・スキャンダルユベントス八百長疑惑フォンテンブロー宮殿ラ・ガーディア空港ダニエル パサレラフォンテンブロー宮

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィオレの関連情報