コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィシン ficin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィシン
ficin

蛋白質分解酵素の一種。イチジクの茎の乳汁に含まれ,名前もその属名 Ficusにちなむ。同じく植物性の蛋白質分解酵素であるパパイン類似点が多い。ペプチド分解作用のほかにエステラーゼ作用,アシルアミノ酸アニリド合成作用,ペプチド転移反応も行う。検定には合成基質も用いる。フィチンとは,まったく異なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フィシンの関連キーワード蛋白質分解酵素藍藻植物視床下部ペプシン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android