コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィジック Physick, Philip Syng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィジック
Physick, Philip Syng

[生]1768.7.7. フィラデルフィア
[没]1837.12.15. フィラデルフィア
アメリカの外科医。「アメリカ外科学の父」といわれる。 1785年ペンシルバニア大学を卒業。 88年ロンドンに行き,92年エディンバラ大学で学位を取得して帰国。 93年と 98年に大流行した黄熱に彼自身も悩まされながら,その撲滅に努めた。 94~1816年ペンシルバニア病院の臨床指導者,05~19年ペンシルバニア大学外科学教授。胃洗浄用の小さいポンプつきゴム管,ネコの腸腺でつくった血管結紮糸など,多くの手術用具を開発した。また,膀胱結石の摘出術に成功したことで知られる。切断鉗子で虹彩の円形組織を切除する方法はフィジック手術と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android