コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クチュクカイナルジ条約 クチュクカイナルジじょうやくTreaty of Kuchuk Kainarji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クチュクカイナルジ条約
クチュクカイナルジじょうやく
Treaty of Kuchuk Kainarji

1774年7月21日,露土戦争(1768~74)の結果,ロシアとオスマン帝国の間で結ばれた講和条約キュチクカイナルジ条約とも呼ばれる。クチュクカイナルジはルーマニア南東部にある村の名。ロシアのエカテリーナ2世は,オスマン帝国領であった黒海沿岸への進出をはかり,1768年からの露土戦争で今日のルーマニア地方を占領した。この講和条約によってルーマニア地方はオスマン帝国に返還されたが,ロシアはオスマン帝国からドネプル河口付近,アゾフ海沿岸,クリミア半島などの一部に領土を獲得し,オスマン帝国領内の正教徒の保護に対する保障,黒海,エーゲ海の航行の自由,多額の賠償金などを得た。ロシアの南下政策の第一歩となった点にこの条約の意義がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クチュクカイナルジ条約の関連キーワードクリム・ハン国エカテリーナ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android