フィッシャー(読み)ふぃっしゃー(英語表記)Hans Fischer

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィッシャー(Hans Fischer)
ふぃっしゃー
Hans Fischer
(1881―1945)

ドイツの有機化学者。ローザンヌ大学とマールブルク大学で化学と医学を学び、ミュンヘン大学で医学の学位を取得。E・フィッシャーの助手、ミュンヘンで生理学講師、インスブルック大学、ウィーン大学教授などを経て1921年よりミュンヘン工科大学有機化学教授。血液や胆汁の色素、葉緑素などの研究を行い、これらがピロール環を含むポルフィリンやその類縁物質であることを明らかにし、ピロール誘導体の研究をして、これを基礎に関連化合物を多く合成した。とくに1929年には血色素のヘミンの合成を完成してその構造を確定し、それによって1930年ノーベル化学賞を受賞。ほかに胆汁色素ビリルビンの合成、クロロフィル(葉緑素)の正しい構造式の提出などの業績がある。第二次世界大戦末期に自殺した。[梶 雅範]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィッシャーの関連情報