コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィッツウィリアム家 フィッツウィリアムけFitzwilliams

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィッツウィリアム家
フィッツウィリアムけ
Fitzwilliams

アングロ・ノルマン系のイギリス名門貴族の家系。国王ウィリアム1世の庶子を祖とし,16世紀以降,いくつかの爵位を得て,イングランドやアイルランドにおいて政治的に重要な地位を占めた。ウィリアム (1542没) はヘンリー8世の学友として育ち,その側近としてランカスター公領長官 (29) ,海軍長官 (36~40) などを歴任,1537年ノーサンプトン伯を授けられたが,スコットランド遠征に従軍して戦死。ウィリアム (26~99) はアイルランド総督になり,S.オニールに対抗,彼の没後もアイルランドの平定に努力した。ウィリアム・ウェントワース (1748~1833) はロッキンガム侯の甥で,2代フィッツウィリアム伯となったが,熱心なホイッグ党員として知られ,1794年ピット (小) の内閣に枢密院議長として入閣,翌年アイルランド総督になったが,旧教徒に同情的な発言をしたため3ヵ月で解任された。 98年ウェストライディングの統監になり,1806~07年枢密院議長に再任された。以後も自由主義的な立場から政府を批判し,19年にはピータールーの虐殺を非難して統監も解任された。その子の3代フィッツウィリアム伯チャールズ・ウィリアム・ウェントワース (1786~1857) も自由主義派で,議会改革や自由主義貿易の実現に尽力した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android