コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィラエ島 フィラエトウ

1件 の用語解説(フィラエ島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フィラエ‐とう〔‐タウ〕【フィラエ島】

Philae》エジプト南部の都市アスワンを流れるナイル川の中にある島。古代エジプトの女神イシスの聖域であり、プトレマイオス朝時代から古代ローマ帝国時代にかけて、フィラエ神殿イシス神殿)やハトホル神殿が築かれた。しかし、アスワンダムの完成によって半水没した。さらに、アスワンハイダムが完成すると完全に水没するため、ユネスコの主導のもと、神殿など遺跡のすべてが500メートル離れたアギルキア島に移築された。現在はこの島をフィラエ島と呼んでいる。1979年、「アブシンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群」として世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

フィラエ島の関連キーワードフィラエ神殿ロゼッタ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィラエ島の関連情報