フィルターバブル(英語表記)filter bubble

デジタル大辞泉の解説

インターネットで、利用者が好ましいと思う情報ばかりが選択的に提示されることにより、思想的に社会から孤立するさまを表す語。サーチエンジンなどの学習機能によって、利用者の望む情報が優先され、望まない情報から遠ざけられる様子を、泡の膜に包まれている状態にたとえたもの。米国の活動家イーライ=パリサーが自著で用いた造語。→フィルター4

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

インターネット上の検索エンジンやSNSを通して得られる情報が,検索エンジンやSNSの利用履歴を用いたアルゴリズムによって,個々の利用者向けに最適化された情報(パーソナライズされた情報)となり,その個人が好まないと思われる情報に接する機会が失われる状況にあることを示す造語.2011年にパリサー(Eli Pariser 1980- )が提唱した.賛同する見ばかりに囲まれることで政治的・宗教的な動きが先鋭化していくリスクや,自分の意に沿わない新しい情報が届かなくなるリスクが指摘されている.図書館にとっては,広い意味での情報リテラシー教育ないしメディアリテラシー教育の必要性を迫る問題と位置付けられる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィルターバブルの関連情報