コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィロポイメン フィロポイメン Philopoimēn(Philopoemēn)

2件 の用語解説(フィロポイメンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィロポイメン
フィロポイメン
Philopoimēn(Philopoemēn)

[生]前252頃.メガロポリス
[没]前182. メッセニア
古代ギリシアの軍人,政治家。傭兵隊長として 11年間をクレタ島で過したのち,前 210/9年アカイア連盟の騎兵隊長としてアイトリア人を撃破,前 208/7年アカイア連盟の将軍となり,連盟軍にマケドニア式装備と密集隊戦術を導入し,前 207年マンチネイアでマカニダス指揮下のスパルタ軍を粉砕し,前 206/5,前 201/0年にもスパルタのナビスを撃退。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フィロポイメン【Philopoimēn】

前253ころ‐前182
古代ギリシア,メガロポリスの将軍,政治家。スパルタ王クレオメネス3世を破るにあたり武勲をたて(前222),その後アカイア同盟の将軍としてスパルタのマカニダスとナビスを破った。一時影響力を失ったが,前193年ころ以降はアカイア同盟の指導者として活躍。ナビス暗殺後スパルタを同盟に加え(前192),エリスメッセネも加えて,アカイア同盟を拡大した。70歳のときに離反したメッセネを攻めたが,捕らえられて毒を与えられた(前182)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フィロポイメンの関連キーワードアクロポリス美術館ギリシア悲劇ネクロポリスメガロポリスラトポリスエクメノポリス東海道メガロポリスアポリノポリスギリシア喜劇アメリカ・メガロポリス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone