コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィン=ソ友好条約 フィン=ソゆうこうじょうやくFinnish-Soviet Treaty of Friendship, Cooperation and Mutual Assistance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィン=ソ友好条約
フィン=ソゆうこうじょうやく
Finnish-Soviet Treaty of Friendship, Cooperation and Mutual Assistance

フィンランド,ソ連間に 1948年4月6日に結ばれた条約で,正式には,友好・協力・相互援助条約ともいう。条約前文で,フィンランドの中立に対する願望を確認し,第1条ではフィンランドもしくはフィンランド経由でソ連が侵略を受けた場合,フィンランドは,必要ならばソ連の援助を受けて軍事的に抵抗する義務を負うとされていた。第2条ではそうした軍事侵略の脅威が生じた場合の両国間の協議を規定し,その他の条項で経済的・文化的協力などをうたった。この条約を提起したソ連側は,初めはソ連と東欧諸国間の相互援助条約並みの形式を要望したが,交渉の過程でフィンランド側の要求をほぼ認め,限定的な性格の条約となった。この条約は,1947年の対フィンランド講和条約とともに第2次世界大戦後のフィンランドの対ソ関係を規定したが,92年1月 20日,フィンランド政府と解体したソ連を継承したロシア政府との合意に基づいて破棄され,代ってフィン=ロ友好条約が締結された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フィン=ソ友好条約の関連キーワードフィン=ロ友好条約北欧均衡

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android