コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィンランド中央党 フィンランドちゅうおうとうSuomen Keskusta-Finlands Centern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィンランド中央党
フィンランドちゅうおうとう
Suomen Keskusta-Finlands Centern

フィンランドの政党。 1906年農業組合を母体に結成された農民党を前身に,65年設立。支持基盤は農村部の小農民層から,近年では都市部住民へと移行。 88年バイリネン党首の主導下に自由人民党を吸収。第2次世界大戦後,中道左派勢力が政権を維持していたが,失業率の上昇と景気後退が進み,91年3月の総選挙では保守勢力が勢力を伸ばし第1党に躍進。 E.アホ党首を首相とし,スウェーデン人民党,キリスト教同盟,国民連合との中道右派政権を樹立した。しかし,95年総選挙では大敗し下野した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フィンランド中央党の関連キーワードフィンランド社会民主党マッティ バンハネンマリ キヴィニエミフィンランドハロネン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android