フィンランド大公国(読み)フィンランドたいこうこく

世界大百科事典 第2版の解説

フィンランドたいこうこく【フィンランド大公国】

フィンランド大公によって統治されていた国,すなわち20世紀初めにロシアから独立する以前のフィンランドを指す。フィンランド語でSuomen suuriruhtinaskunta。最初にこの名称を正式に用いたのはスウェーデン王ヨハン3世で,1581年のことであった。リトアニア大公国と連合していたポーランド,およびモスクワ大公国と並ぶ勢力であることを誇示するためであった。その後,通常はスウェーデン王がフィンランド大公を兼ねたが,1809年,フィンランド大公国の支配はスウェーデンからロシアに移り,それ以降はロシア皇帝がフィンランド大公を兼ねた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android