コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィン・タン・ファト フィン・タン・ファト Huynh Tan Phat

3件 の用語解説(フィン・タン・ファトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィン・タン・ファト
フィン・タン・ファト
Huynh Tan Phat

[生]1913. ミト近郊
[没]1989.9.30. ホーチミン市
ベトナムの政治家。建築家であったが,1930年代のハノイ大学の学生の頃から反仏運動に参加,第2次世界大戦中は日本軍のインドシナ支配に反対し,雑誌『青年』を発行して「前衛青年」運動を指導した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィン・タン・ファト
ふぃんたんふぁと
Huynh Tan Phat
(1913―1989)

ベトナムの政治家。メコン・デルタのミト生まれ。ハノイ大学在学中から民主運動に投じ、1941年ベトナム独立同盟(ベトミン)に参加。1954年サイゴンで建築事務所を営みつつ反ゴ・ジン・ジエム活動を展開、1958年地下潜行。1960年南ベトナム解放民族戦線結成に際し副議長、1964年書記長。1969年臨時革命政府樹立とともに首相に就任。1976年統一ベトナム中央政府副首相兼国家建設委員長。1981年国家評議会副議長、1983年ベトナム祖国戦線議長。[黒柳米司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

フィン・タン・ファト
Huynh Tan Phat


1913 - 1989.9.30
ベトナムの政治家。
元・ベトナム副首相。
メコン・デルタのミト生まれ。
ハノイ大学在学中から民主運動に参加し、1941年にベトナム独立同盟(ベトミン)の結成に参加し、’44年には南ベトナム民主党書記長に就任した。’54年にサイゴンで建築事務所を経営しながら、反政府活動をし、’60年南ベトナム開放民族戦線結成の際の副議長となる。’64年同書記長、’69年には臨時革命政府首相となる。’76年にベトナム社会主義共和国副首相となって、’79年に統一ベトナム中央政府副首相兼国家基本建設委員長。’81年に国家評議会副議長を経て、’83年にベトナム祖国戦線議長に就任した。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィン・タン・ファトの関連キーワード没・歿勃・歿・没みとみともな・いミトロポリス大聖堂ミトロポレオス大聖堂みとうみとみDiaz de la Peña,N.

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone