コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェシュテティッチ宮殿 フェシュテティッチキュウデン

2件 の用語解説(フェシュテティッチ宮殿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フェシュテティッチ‐きゅうでん【フェシュテティッチ宮殿】

Festetics-kastély》ハンガリー西部の町ケストヘイにあるバロック様式の宮殿。17世紀にクロアチアから移住した貴族フェシュテティッチ家により、18世紀半ばに建造された。約9万冊の蔵書を誇るヘリコン図書館、18世紀から19世紀にかけての調度品や装飾武器を展示するヘリコン宮殿博物館、かつての馬小屋を利用した馬車博物館などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

フェシュテティッチきゅうでん【フェシュテティッチ宮殿】

ハンガリーのバラトン湖近くの町ケストハイにある宮殿。白亜の美しい宮殿で、同国で4番目の大きさを誇っている。ケストハイの礎(いしずえ)を築いたフェシュテティッチ・クリシュトフが1745年に建設し、1887年に完成した。宮殿は庭園を囲んでU字型をしていて、この42haの庭園はフランス式とイギリス式がミックスした美しいものである。宮殿内は101室あるサロンのうち、16室を見学でき、所蔵されている数多くの家具や美術品は17世紀以降にイギリスやドイツ北イタリアなどから寄せられた逸品である。また、ヘリコン図書館の蔵書には、シルヴェスター・ヤーノシュ訳の新約聖書など稀少なものが多い。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェシュテティッチ宮殿の関連キーワードバラトン湖オーストリアハンガリー帝国ハンガリー狂詩曲ケストヘイティハニバダチョニバラトンフレドハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団ハンガリー放送交響楽団ハンガリー岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone