コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェストス遺跡 フェストスイセキ

2件 の用語解説(フェストス遺跡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フェストス‐いせき〔‐ヰセキ〕【フェストス遺跡】

FestosΦαιστός》ギリシャ南部、クレタ島の南部フェストスにある古代遺跡。古代名パイストス。クレタ(ミノア)文明時代、クノッソスの宮殿と同じ頃に最初の宮殿が建造されたが、地震で倒壊。後に再建されたが、紀元前150年頃にゴルティンに滅ぼされた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

フェストスいせき【フェストス遺跡】

ギリシアのクレタ島の中心都市イラクリオン(Iraklion)南西約63kmにある、前期ミノア文明の宮殿遺跡。ミノア時代の三大宮殿の一つに数えられている。クノッソスの宮殿によく似たつくりの宮殿は、紀元前1900年ごろに初期の宮殿がつくられ、火災や地震の被害にあった後、再建・改築が行われたといわれる。他の大宮殿には確認できない旧宮殿時代に属する、舗装された大きな広場(西中庭)が残存しているのが特徴である。クレタ島の遺跡としては、イラクリオンから最も遠い場所にある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェストス遺跡の関連キーワードイラクリオンクレタ島Ηράκλειονクノッソスの宮殿ベニゼル広場ΜάταλαΜαλιάモロシニの噴水Ρέθυμνο