コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェニールアラニン phenylalanine

翻訳|phenylalanine

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

フェニールアラニン【phenylalanine】

必須アミノ酸のひとつ。脳や神経細胞の間で情報を伝達する役割をもつ。広くたんぱく質に普遍的に含まれるが量は多くない。フェニールアラニンから生成されるノルエピネフリンドーパミンは、アドレナリンを生成する過程でできる物質で、刺激の伝達に役立つほか、精神を高揚させて記憶力・精神の鋭敏さの向上、空腹感を減少させるなどの作用があるとされる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

フェニールアラニンの関連キーワード成長期に食べさせたい食品躁うつ病(双極性障害)認知症

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android