コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルヌレ Xavier Forneret

世界大百科事典 第2版の解説

フォルヌレ【Xavier Forneret】

1809‐84
フランスの作家。ボーヌ生れ。いわゆる小ロマン派(プチ・ロマンティック)の一人として,反ブルジョア的な奇矯な態度を示しながら,不遇な生涯を送る。《題名なし》,《韻文でも散文でもない蒸気》(ともに1818)のような作品には,残酷趣味やアイロニーがこめられている反面,天上的なものへのあこがれが表れてもいる。長く忘れられた存在だったが,ブルトンらに注目されて以来,徐々に再評価がなされるようになった。【巌谷 国士】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フォルヌレの関連キーワードカルル13世オールコッククーパームラビヨフロッシュ大草公弼三枝斐子ムラヴィヨーフラーマ[1世]グスタフ4世

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android