コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルモサ Formosa

翻訳|Formosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォルモサ
Formosa

アルゼンチン北部,フォルモサ州の州都。パラグアイとの国境をなすパラグアイ川の西岸にある河港都市で,背後の農業地帯に産する肉牛,綿花,米,サトウキビ,タバコなどを集散,加工する。北北東約 100kmにあるパラグアイの首都アスンシオンからブエノスアイレスへ通じる幹線道路が通り,州を横断してアンデス山麓へ延びる鉄道,道路の起点となっている。人口 16万 5700 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォルモサ
ふぉるもさ
Formosa

アルゼンチン北部、フォルモサ州の州都。ブエノス・アイレスの北方950キロメートル、パラグアイ川沿岸に位置する。都市圏人口20万8623(2001)。周辺地域のタバコ、サトウキビ、綿花、ケブラチョ、タンニンなど農牧林産品の集散地で、先住民人口が多い。19世紀後半まで先住民征圧戦が展開され、その後積極的な入植政策が実施されたが、開発は遅れている。[今井圭子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フォルモサの関連キーワードクワガタモドキジョセフ リンビジャゴス諸島グランチャコフォルモサ債松島明実ファロタナ川キピニ宝島債張文環台湾

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フォルモサの関連情報