コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォレット Mary Parker Follet

世界大百科事典 第2版の解説

フォレット【Mary Parker Follet】

1868‐1933
アメリカの女性政治・社会思想家。ボストンに生まれ,マサチューセッツ大学およびケンブリッジ大学卒。心理学的成果や社会科学の業績を産業レベルに採用して,産業における人間関係についてのいくつかの概念を提起した。その研究内容は,民主的集団の基礎をなす〈同意〉を,各個人の意見の相互作用を通した集団心理の持続的過程である,とすることから出発し,闘争の建設的利用を意味する〈闘争的解決〉の最善の方法としての〈統合〉,さらに服従感を伴う権限に対して〈状況の法則〉といった四つの動態的概念を創出した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

フォレットの関連キーワードマッカーシー(Joseph Raymond McCarthy)マリー・パーカー フォレットダークエイジ・ロマン/大聖堂モジリアーニ・スキャンダル革新党[アメリカ合衆国]J.R. マッカーシーペテルブルグから来た男ハンマー・オブ・エデンピラスター銀行の清算ホーネット、飛翔せよ獅子とともに横たわれ飛行艇クリッパーの客進歩党(アメリカ)コード・トゥ・ゼロペーパー・マネー自由の地を求めてケン フォレット鷲の翼に乗ってレベッカへの鍵鴉よ闇へ飛べ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android