フォード2世(読み)フォードにせい(英語表記)Ford II, Henry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォード2世
フォードにせい
Ford II, Henry

[生]1917.9.4. ミシガン
[没]1987.9.29. デトロイト
アメリカの実業家。フォード・モーター社設立者のヘンリー・フォードの孫として生れる。第2次世界大戦中の 40年,エール大学を中退し海軍に入隊するが,43年に父エドセル・フォードが病死したため除隊。祖父のもとで経営術を学び,45年弱冠 28歳で社長に就任。当時ゼネラル・モーターズ GM社に業界首位の座を奪われ,倒産寸前まで追込まれていたフォード社の再建にみごとな手腕を発揮した。そのなかには,のちに国防長官となる R.S.マクナマラら優秀な頭脳集団 (「ブンブン・キッズ」) を経営陣に迎え入れ,財務体質を改善したことも含まれる。事業の海外展開を積極的に進める一方で,フォード財団を運営し社会貢献活動にも意欲を示した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android