コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォード財団 フォードざいだん Ford Foundation, The

3件 の用語解説(フォード財団の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォード財団
フォードざいだん
Ford Foundation, The

アメリカ最大の財団。 1936年フォード・モーターの創立者 H.フォードとその長男エドセルがフォード・モーター株式の約 90% (約5億ドル) を基金にして設立。 H.フォード存命中は主としてデトロイトを中心とした地域社会計画に資金的な援助を与えていたが,50年以降は次第にその範囲を広め,現在ではアメリカはもちろん南アメリカ東南アジア中近東諸国にも援助を与えている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フォード財団【フォードざいだん】

Ford Foundation。H.フォードとその子エドセル・フォードが1936年設立した公益財団。人類福祉の増進のため,内外の教育・研究活動に補助金を交付し,国際交流計画等も推進する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フォードざいだん【フォード財団 Ford Foundation】

社会,教育,公共事業の推進を目的に,1936年H.フォードとその子エドセルによって設立されたアメリカ有数の多目的財団。その事業範囲は,(1)教育と研究,(2)資源と環境,(3)公共放送,(4)国内問題,(5)国際活動,の多岐にわたる。教育部門では,教育管理者と教員の養成計画,地方の社会指導者の養成プログラム,大学教育改革計画,女性の地位改善プログラムなどの援助を行い,資源と環境部門では,エネルギーの需要供給問題,代替エネルギー開発の研究,一般市民の環境教育の促進などの事業を行っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フォード財団の関連キーワード公共事業都市再開発法公共事業再評価制度公共事業評価監視委員会特定非営利活動富の再分配消費者教育推進法総合評価落札方式財政再建と公共事業費公共事業の推移

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォード財団の関連情報