コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォード フォード Ford, Edward Onslow

19件 の用語解説(フォードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォード
フォード
Ford, Edward Onslow

[生]1852.7.27. ロンドン
[没]1901.12.23. ロンドン
イギリスの彫刻家。アントウェルペンミュンヘンで彫刻を学び,肖像彫刻家として知られた。 1895年ロイヤル・アカデミー会員。主要作品は『サー・ローランド・ヒル』 (1882) ,『シェリー記念像』 (92,オックスフォード大学) ,『ビクトリア女王』 (99) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フォード
フォード
Ford, Ford Madox

[生]1873.12.17. サリーマートン
[没]1939.6.26. フランスドービル
イギリスの小説家,詩人。本名 Ford Hermann Hueffer。 F.M.Huefferとも称する。初期の作品では『善良な兵士』 The Good Soldier (1915) が有名。月刊誌『イングリッシュレビュー』を創刊 (08) し,D.H.ロレンスの初期の短編を掲載。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フォード
フォード
Ford, Gerald Rudolph, Jr.

[生]1913.7.14. ネブラスカオマハ
[没]2006.12.26. カリフォルニア,ランチョミラージ
アメリカ合衆国の政治家。第 38代大統領 (在任 1974~77) 。ミシガン大学卒業。弁護士となったが 1948年ミシガン州から連邦下院議員に当選して政界に入り,共和党内での地歩を固めた。 1973年スピロ・T.アグニュー副大統領が収賄容疑で辞職すると副大統領に任命され,さらに 1974年ウォーターゲート事件によるリチャード・M.ニクソン大統領の辞任に伴い第 38代大統領に昇格した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フォード
フォード
Ford, Henry

[生]1863.7.30. ミシガンディアボーン近郊ウェーン
[没]1947.4.7. ミシガン,ディアボーン
アメリカの実業家。 1879年デトロイトで機械工場の見習工となり,90年エジソン電気会社の技師となった。 1903年フォード・モーターを設立して社長となり,自分でつくりだした自動車の製造を始めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フォード
フォード
Ford, John

[生]1586.4.17. 〈洗礼〉デボンシャー,イルジントン
[没]1639頃.デボンシャー,イルジントン
イギリスの劇作家。ジェームズ朝の退廃的な悲劇を代表する陰惨な「流血悲劇」で知られる。デッカー,W.ローリーらと数編の戯曲や仮面劇を合作,その後は単独で劇作に従事。『傷心』 The Broken Heart (1629頃) ,『あわれ,彼女は娼婦』'Tis Pity She's a Whore (32頃) ,『パーキン・ウォーベック』 Perkin Warbeck (33頃) などの悲劇が代表作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フォード
フォード
Ford, John

[生]1895.2.1. メーンケープエリザベス
[没]1973.8.31. カリフォルニア,パームデザート
アメリカ合衆国の代表的映画監督。本名 Sean Aloysius O'Feeney(または O'Fearna)。1914年ユニバーサル・スタジオ小道具係として入り,俳優を経て監督となる。1924年に『アイアンホース』The Iron Horseで有名になり,以後西部劇の古典ともいえる『駅馬車』Stagecoach(1939)や騎兵隊物『黄色いリボン』She Wore a Yellow Ribbon(1949)などを発表し,西部の荒野の厳しい自然を舞台に開拓者の冒険と生活を詩情豊かに描いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フォード
フォード
Ford, Paul Leicester

[生]1865.3.23. ニューヨーク
[没]1902.5.8. ニューヨーク
アメリカの小説家,伝記作家,歴史家。主著,伝記『ジョージ・ワシントンの素顔』 The True George Washington (1896) ,歴史小説『尊敬すべきピータースターリング』 The Honorable Peter Stirling (94) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フォード(Ford Motor Company)

米国の自動車会社。1903年、H=フォードが設立。大量生産システムを導入し、1908年に低価格車のT型フォードを発売。自動車を大衆化させた。ゼネラルモーターズクライスラーとともにビッグスリーとよばれ、世界の自動車産業を主導した。フォードリンカーンなどのブランドをもつ。本社は米国ミシガン州ディアボーン。

フォード(Henry Ford)

[1863~1947]米国の実業家。1903年フォード自動車会社を設立し、量産大衆車T型フォードを製造、のち大量生産方式のフォードシステムを確立。自動車王と称される。

フォード(John Ford)

[1895~1973]米国の映画監督。豪放な男の生き方を好んで描き、西部劇の第一人者となる。また、アイルランドを舞台とした作品でも知られる。作「駅馬車」「怒りの葡萄(ぶどう)」「わが谷は緑なりき」「荒野の決闘」「静かなる男」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フォード

米国の俳優。シカゴ生れ。大学時代から演劇に興味を持ち,演劇学校を卒業。《現金作戦》(1966年)でデビューするが,長い下積み時代を経験した。G.ルーカス監督《アメリカン・グラフィティ》(1973年),フランシスコッポラ監督《カンバーセーション…盗聴…》(1974年)などをへて,ルーカス監督のSF《スター・ウォーズ》(1977年)で人気を得,S.スピルバーグ監督《レイダース/失われたアーク(聖櫃)》(1981年),L.スコット監督《ブレードランナー》(1982年)などに出演。

フォード

米国の自動車製造業者。富裕な農場主の子で,機械技師となった。1892年2気筒(のち4気筒)ガソリン機関の自動車をつくり,1903年フォード・モーター社を設立,大量生産方式で自動車を大衆化した。
→関連項目カーン自動車フォード・システム

フォード

米国の映画監督。アイルランド移民の子として生まれる。1917年以来,西部劇を多数作った。《駅馬車》(1939年),《荒野の決闘》(1946年)はその代表作。他にも《男の敵》(1935年),《怒りの葡萄》(1940年),《わが谷は緑なりき》(1941年),《捜索者》(1956年)などの傑作を生んだ。
→関連項目イーストウッドフォンダ

フォード

米国の第38代大統領(在職1974年―1977年)。ミシガン大学卒,弁護士となり,第2次大戦には海軍士官として従軍。1948年下院議員,1965年共和党院内総務,1973年副大統領
→関連項目共和党

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フォード【Ford Madox Ford】

1873‐1939
イギリスの小説家,ジャーナリスト。美食家としても知られる。父はドイツ系の音楽評論家フランシス・ヒューファー,祖父はラファエル前派の創始者の一人である画家F.M.ブラウン。国際色豊かな文学的な環境に育ち,早くから文筆に従事,18歳でカトリックに改宗。J.コンラッドと《相続者たち》(1901)などを共作。1908年《イングリッシュ・レビュー》を創刊編集,T.ハーディ,J.ゴールズワージー,J.コンラッドからT.S.エリオット,R.フロスト,P.W.ルイスまでの多彩な作品を掲載,また24年にはパリで《トランスアトランティック・レビュー》を創刊編集,J.ジョイス,E.ヘミングウェーの作品を掲載するなど,新しい文学の理解者としてつねに精力的に,その紹介に努めた。

フォード【Henry Ford】

1863‐1947
アメリカの自動車王でフォード・モーター社の創業者。アメリカの天才的技術者,企業的成功者として,発明王エジソンとならんで語られるヒーローの一人。農家に生まれるが機械いじりが好きで16歳で機械工となる。1887年エジソン電気会社の主任技師となるがこれを辞して自動車製造に専念,1903年ミシガン州ランシングにフォード・モーター社を設立,何回かの失敗ののち08年,今日に伝わる有名な大衆車〈フォードT型 モデルT〉の開発に成功した。

フォード【John Ford】

1895‐1973
アメリカの映画監督。西部劇の古典《駅馬車》(1939)の名監督として知られ,日本でも戦前から〈西部劇の神さま〉と呼ばれてきた。アイルランド系アメリカ人で,サイレント時代に映画界に入り,多数の西部劇,アクション映画メロドラマなどを手がけ,1924年,大陸横断鉄道建設を描いた西部開拓劇《アイアン・ホース》によって注目された。〈与えられた題材を何でもうまく料理する〉ハリウッドの典型的な職人監督として,活劇,コメディ,社会劇,人情劇,戦争映画など多彩な主題を魅力ある娯楽作品に仕上げた。

フォード【John Ford】

1586?‐1639?
イギリスの劇作家。デボンシャーに生まれたこと,1602年に法学院に籍をおいたこと以外,その生涯については知られていない。幾人かの劇作家と共作したと考えられるが,彼単独の作品としては悲喜劇《恋する人の憂愁》(1628初演。以下初演年),悲劇《はり裂けた胸》(1629ころ),《あわれ彼女は娼婦》《愛のいけにえ》(ともに1632ころ),歴史劇《パーキン・ウォーベック》(1633ころ)などがある。彼の悲劇はいずれも愛をテーマとしているが,中心的人物の白熱した情念が自然に燃焼することを許されず抑圧される結果,一種異常な扇情的雰囲気が沈鬱な哀愁を帯びて立ち現れるところに特徴がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フォード【Ford】

〔Gerald Rudolph F.〕 (1913~2006) アメリカ第三八代大統領(在任1974~1977)。共和党。ニクソンの副大統領の地位にあったが、74年ウオーターゲート事件で辞任したニクソンの後を受け就任。
〔Henry F.〕 (1863~1947) アメリカの実業家。1903年フォード自動車会社を設立。近代的な流れ作業や大量生産方式で大衆車を普及させ、自動車王と呼ばれる。
〔John F.〕 (1895~1973) アメリカの映画監督。「駅馬車」「荒野の決闘」「アパッチ砦」「黄色いリボン」などの西部劇、「肉弾鬼中隊」をはじめとする戦争物、父祖の地アイルランドを舞台とする「男の敵」「静かなる男」などで、男性映画の代表的監督となる。他に「怒りの葡萄」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフォードの言及

【自動車】より

…その歴史は必ずしも明確ではないが,1873年イギリスのR.デービッドソンによる四輪トラックが最初といわれており,80年代にはフランスで本格的な電気自動車が製作されている。アメリカにおいてはT.A.エジソンとH.フォードによる電気自動車開発の功績が大きく,90年ころから急速に普及をみた。その後ほぼ20年間にわたって蒸気自動車と競いあい,99年にはフランスで〈ジャメ・コンタント号〉をベルギーのC.イェナッツィが運転して,105km/hという当時の最高速度記録を樹立,電気自動車の優位性を誇示した。…

【フォード財団】より

…社会,教育,公共事業の推進を目的に,1936年H.フォードとその子エドセルによって設立されたアメリカ有数の多目的財団。その事業範囲は,(1)教育と研究,(2)資源と環境,(3)公共放送,(4)国内問題,(5)国際活動,の多岐にわたる。…

【フォード・モーター[会社]】より

…アメリカ第2位の自動車メーカーで,いわゆるビッグ・スリーの一社。略称フォード。世界の自動車メーカーのなかでは最も多国籍企業化が進んでいる。…

【アメリカ映画】より

…またナチス・ドイツから逃れてきたラング,サーク,シオドマーク,ワイルダーらの映画監督を受け入れ,そのほか,アメリカ映画音楽の基礎を築いたチェコ生れのE.V.コーンゴールド,オーストリア生れのM.スタイナー,俳優ではイギリス人のケーリー・グラント,フランス人のシャルル・ボアイエ,スウェーデン人のイングリッド・バーグマン等々,つねに〈外国人〉を輸入し〈アメリカ映画〉を補強してきたことがその事実を物語っている。しかも,とりわけアメリカ映画的なアメリカ映画である西部劇の作り手がアイルランド人の移民の子であるジョン・フォードであり,アメリカン・ロマンスの名作であり〈もっともアメリカ的な愛国精神〉に貫かれた映画として知られる《カサブランカ》(1942)の監督が,ハンガリー人のマイケル・カーティスであるというところにアメリカ映画の特質があるといえよう。しかも,30年代には,ほとんどすべてのスターがアングロ・サクソン系の名まえを名のった。…

【駅馬車】より

…1939年製作。映画史上もっとも有名な西部劇であり,ジョン・フォード監督の代表作の1本。西部劇が〈B級映画〉のみで完全に衰退しきっていた1930年代の末に,その斬新なスタイルとテーマ,そして空前の激しいアクションで大ヒットし,西部劇の新しい時代を開いて,その後《大平原》《無法者の群》《砂塵》等々と続くハリウッドの〈大作西部劇の新サイクル〉の嚆矢(こうし)となった。…

【男の敵】より

…1935年製作。ジョン・フォードが初めて手がけたアイルランドもの。出来心から友人のIRA党員をイングランドの軍人組織に売り,罪の意識と党による報復の恐怖に苦悶する男を,ビクター・マクラグレンが好演。…

【荒野の決闘】より

…1946年製作のアメリカ映画。ジョン・フォードの戦後初めての作品で,西部劇の名作。トーキー以後,この作品までにフォードが撮った西部劇は《駅馬車》(1939)1本だけであったが,この映画のヒットの後,翌47年から50年までの3年間に《アパッチ砦》《三人の名付親》(ともに1948),《黄色いリボン》(1949),《幌馬車》《リオ・グランデの砦》(ともに1950)の5本を次々とつくり,この時期にその名が西部劇と切り離せないものになる(日本では〈西部劇の神様〉と呼ばれる)。…

【西部劇】より

…正義のヒーローが悪漢どもを倒し,ヒロインを救うという勧善懲悪のパターンで,大人気を博し,やがて〈ホース・オペラhorse opera〉と呼ばれるB級西部劇,トム・ミックスやバック・ジョーンズから〈歌うカウボーイ〉と呼ばれたジーン・オートリーやロイ・ロジャーズに至るお子さま向け西部劇の原型になった。 リアリズム志向の西部劇は,インディアンと白人の混血児の悲劇を描いたセシル・B.デミル監督《スコウマン》(1913),虐げられつつ滅びゆくインディアンの悲哀を描いたモーリス・トゥールヌール監督《モヒカン族の最後》(1920)やジョージ・B.サイツ監督《滅びゆく民族》(1926)といった人種問題に目を向けた作品や,《鬼火ロウドン》(1918)あたりから《曠原の志士》(1925)に至るウィリアム・S.ハート監督の人間味と詩情のあふれる〈ハート西部劇〉や,開拓民のキャラバン隊の大移動を描いたジェームズ・クルーズ監督《幌馬車》(1923)や鉄道建設を描いたジョン・フォード監督《アイアン・ホース》(1924)といった西部開拓史そのものに取材した〈叙事詩〉的大作に受け継がれた。1930年には早くも70ミリ作品に挑んだラオール・ウォルシュ監督《ビッグ・トレイル》,そしてオクラホマ20年の開拓史をつづったウェズリー・ラッグルズ監督《シマロン》(1931)のような大作がつくられている。…

【捜索者】より

…1956年製作のジョン・フォード監督の西部劇。《荒野の決闘》(1946)から《シャイアン》(1964)に至るフォードの戦後の西部劇の頂点とみなされ,フォード自身のことばによれば〈家族の一員になることができなかった1人の孤独な男の悲劇〉を描いた詩情あふれるフォード西部劇の集大成でもあり,また,人種偏見と憎しみに生きる孤独な男の心のなかに突如愛とヒューマニズムがよみがえる瞬間をみごとに感動的に演じてジョン・ウェインの最高作ともみなされる作品である。…

【ドキュメンタリー映画】より

…のちこの組織は戦時情報局に吸収されているが,ジョン・スタインベックの脚本によるハーバート・クライン《忘れられた村》(1941)が自主製作されたことも注目される。戦争中は,フランク・キャプラ製作・監修の《われらはなぜ戦うか》シリーズ(1942‐45)を中心に,ジョン・フォードの《ミッドウェーの戦い》(1942)をはじめ,ウィリアム・ワイラー,ジョン・ヒューストン,アナトール・リトバク(1902‐74)等々,ハリウッドの監督による戦争ドキュメンタリーがつくられた。 イギリスでは,情報省の支配下で,ハリー・ワットの《今夜の目標》(1941),ロイ・ボールティングの《砂漠の勝利》(1943),キャロル・リードとガースン・ケニン編集による英米合作の《真の栄光》(1945)などがつくられた。…

【わが谷は緑なりき】より

…1941年製作のアメリカ映画。ジョン・フォード監督作品。美しい自然に包まれた人情豊かなウェールズの炭鉱町で生まれ育った少年(ロディ・マクドウォール)の口から,炭坑に生きる父(ドナルド・クリスプ)や兄たち,強い母や優しい姉(モーリン・オハラ),若い牧師(ウォルター・ピジョン)のことが回想の形式で語られる。…

【イギリス文学】より

…ハムレット,マクベス,リア王,フォールスタッフなど,強烈な存在感のある人物を数多く造った点でも,彼の右に出るものはいない。
[屈折と終息]
 シェークスピアの同時代人には,〈気質喜劇〉と呼ばれる卓抜な風刺劇の作者ベン・ジョンソンがいたが,ほかにも,《白魔》《モールフィ公爵夫人》のJ.ウェブスター,《復讐者の悲劇》のC.ターナー,《あわれ彼女は娼婦》のJ.フォードなど,すぐれた才能がひしめいていた。加虐,嗜虐,近親相姦といった屈折し倒錯した主題を,マニエリスム的な手法で劇化した彼らの作品には,ルネサンス末期の魂の苦悩と,痛ましい抵抗の身もだえが満ちている。…

【エリザベス時代】より

…初期の歴史劇から晩年のロマンス劇にいたるその複雑な作家的展開の過程において,言語・舞台芸術としての演劇のあらゆる可能性が試され,開花させられていると言って過言ではない。彼と同時代またはその後の劇作家には,風刺喜劇の型を確立したベン・ジョンソン,ロンドンの民情を背景にメロドラマを多作したトマス・デッカー,高揚された詩的表現を用いて迫力に富む流血悲劇を作り上げたジョン・ウェブスター,冷徹皮肉な人間性の観察者トマス・ミドルトン,純化された情念の輝きを耽美的に追求したジョン・フォードなどがいる。彼らの作品は移り変わる観客の嗜好と人気の波にもまれつつ,時に10に及ぶ数の劇場で上演され続けたが,ピューリタン革命勃発後の1642年にロンドン中の劇場が閉鎖されることになって,エリザベス朝演劇はその幕を閉じた。…

※「フォード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フォードの関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォードの関連情報