コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォールコン フォールコン Phaulkon, Constantine

2件 の用語解説(フォールコンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォールコン
フォールコン
Phaulkon, Constantine

[生]1647. ギリシアケファリニア島
[没]1688.6.5. アユタヤ
タイのアユタヤ朝の宮廷事件に関係したギリシア系イギリス人。1675年イギリス東インド会社雇員としてタイ南部で貿易を始め,プラ・ナーラーイ王の信頼を得てタイ王室貿易の実権を握り,事実上大蔵大臣を務めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フォールコン【Constant Phaulkon】

1650ころ‐88
タイのアユタヤ朝ナライ王の宮廷に入り,高官として活躍したギリシア人。1669年ころイギリス東インド会社船の給仕となり,タイに渡った。79年,語学の才を認められ通訳としてプラ・クラン(大蔵卿)に仕え,ルアン・ウィチャイジェンの欽賜名を得た。その精力的な仕事ぶりによって王の信任を獲得,数年にして最高位のチャオプラヤーの位に昇り対外貿易を掌握するにいたったが,タイ人の反発を恐れプラ・クランへの正式任命は固辞したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フォールコンの関連キーワードアユタヤアユタヤ朝タークシンアユタヤ世界遺産の祭典トライローカナートナライナレースエンファン・フリートプラーサートーンラーマティボディ[2世]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone