コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ならい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ならい

北西からの季節風をさす風の地方名で,東日本の太平洋側(三陸海岸から紀伊半島東側まで)の各地で知られている。同じ冬の節風でも近畿地方以西では「あなじ」,日本海側の富山県以北では「たまかぜ」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ならい

東日本の太平洋側で吹く冬の季節風。峰々の側面に平行して,すなわちならって吹く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ならい

冬の寒い風。東日本の海沿いの地方でいう。風向きは地域によって異なる。ならい風。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ならい
ならい

東日本の海沿いの地方で吹く北寄りの風。山脈の走行に平行して吹くというのが語源であろうとされている。したがって、地域によって風向が違ってくる。北西風――千葉県、茨城県、北風――千葉県、東京都の伊豆大島、三宅(みやけ)島、八丈島および神奈川県、大分県、北東風――東京都の三宅島、千葉県、静岡県、愛知県、三重県、東風――静岡県、愛知県、南西風――岩手県などである。ならいは山や地方の名をとって、「筑波(つくば)ならい」「下総(しもうさ)ならい」などということもある。「ならいが吹くと霜柱が融(と)けぬ」といった俚諺(りげん)もあるが、この風のときは海上は比較的静穏で漁師や舟人には喜ばれている。俳諧(はいかい)では冬の季語。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のならいの言及

【風】より

…冬に北日本の日本海側で吹く北寄りの風。 ならひ〈ならい〉ともいう。東日本の太平洋側で吹く冬の季節風。…

※「ならい」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ならいの関連キーワードフリーエージェント制度名香合わせ・名香合せならいフライス盤トマスアケンピス一フィート運動日本新永代蔵習い性となる日本ダービー和漢三才図会セザール賞本朝三字経新群書類従ならい旋盤浮世の習い経籍籑詁日本釈名発句合せ正面旋盤見立番付九州探題

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ならいの関連情報