ならい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ならい

北西からの季節風をさす風の地方名で,東日本の太平洋側(三陸海岸から紀伊半島東側まで)の各地で知られている。同じ冬の節風でも近畿地方以西では「あなじ」,日本海側の富山県以北では「たまかぜ」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ならい

東日本の太平洋側で吹く冬の季節風。峰々の側面に平行して,すなわちならって吹く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ならい

冬の寒い風。東日本の海沿いの地方でいう。風向きは地域によって異なる。ならい風。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ならい
ならい

東日本の海沿いの地方で吹く北寄りの風。山脈の走行に平行して吹くというのが語源であろうとされている。したがって、地域によって風向が違ってくる。北西風――千葉県、茨城県、北風――千葉県、東京都の伊豆大島、三宅(みやけ)島、八丈島および神奈川県、大分県、北東風――東京都の三宅島、千葉県、静岡県、愛知県、三重県、東風――静岡県、愛知県、南西風――岩手県などである。ならいは山や地方の名をとって、「筑波(つくば)ならい」「下総(しもうさ)ならい」などということもある。「ならいが吹くと霜柱が融(と)けぬ」といった俚諺(りげん)もあるが、この風のときは海上は比較的静穏で漁師や舟人には喜ばれている。俳諧(はいかい)では冬の季語。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ならい ならひ

〘名〙 冬に山並みに沿って吹く強い風。その地方により風向が異なる。ならいかぜ。ならいこち。ならえ。《季・冬》
※俳諧・誹諧之連歌(飛梅千句)(1540)墨何第一〇「日も夕なぎにまぢなひやせん 山かぜのはげしくきぶくならひきて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のならいの言及

【風】より

…冬に北日本の日本海側で吹く北寄りの風。 ならひ〈ならい〉ともいう。東日本の太平洋側で吹く冬の季節風。…

※「ならい」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ならいの関連情報