コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フサアンコウ(総鮟鱇) フサアンコウ Chaunax fimbriatus

1件 の用語解説(フサアンコウ(総鮟鱇)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フサアンコウ【フサアンコウ(総鮟鱇) Chaunax fimbriatus】

アンコウ目フサアンコウ科の海産魚(イラスト)。太平洋側では相模湾から鹿児島まで,日本海側では富山湾に分布。頭部が著しく大きくてやや縦扁し,体は丸く,これに細い尾部が続く。体色は赤みを帯びた黄色で,鮮やかな淡緑色の斑点が散在している。口は大きく上向きに開き,皮膚一面に小さく鋭いとげが密生している。第1背びれは吻端(ふんたん)に近い1個の小さな触手状突起に変化し,くぼんだ溝にひっこめることができる。第2背びれは体のかなり後方にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フサアンコウ(総鮟鱇)の関連キーワードアコウダイあんこアンコンあんこ型赤靴鮟鱇鮟鱇形さんこう目抜蛙鮟鱇提灯鮟鱇

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone