コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタユビナマケモノ Choloepus didactylus; two-toed sloth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フタユビナマケモノ
Choloepus didactylus; two-toed sloth

貧歯目ナマケモノ科。体長 60cm内外。頭部は短く丸く,耳は外部からは見えない。前後肢とも先が細く曲り,その先端に長さ 7cmぐらいのがんじょうな曲った (前肢に2本,後肢に3本) をもつ。この爪で木にさかさにぶらさがって生活する。尾はない。動作はのろいが,危険に際しては強力な爪で攻撃する。地上を歩くことはできない。体温が外気温によって左右され,24~35℃の間で変化するといわれ,気温が年間を通じて一定に近い熱帯地方でしか生活できない。夜行性で,昼間は木にぶらさがって眠り,夜間活動し,木の葉や果実を食べる。中央アメリカからアルゼンチンまでの熱帯雨林に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フタユビナマケモノ
ふたゆびなまけもの
two-toed sloth
[学]Choloepus didactylus

哺乳(ほにゅう)綱貧歯目ナマケモノ科の動物。ベネズエラ、ガイアナ、ブラジル北部の密林地帯にすむ。体長60~64センチメートル、体重9キログラム、尾はない。前肢に2指、後肢には3指があり、いずれも大きな鉤(かぎ)づめがあって、これを利用して枝にぶら下がって生活する。夜行性で、木の葉、花などを食べる。妊娠期間263日で1産1子。11年間の飼育記録があるが、同属のホフマンナマケモノC. hoffmanniでは32年という記録が知られている。[齋藤 勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフタユビナマケモノの言及

【ナマケモノ】より

…貧歯目ナマケモノ科Bradypodidaeとフタユビナマケモノ科Megalonychidaeに属する樹上生の植物食哺乳類の総称。中南米の森林に広く分布し,前足に2本,後足に3本の指(つめ)をもつフタユビナマケモノCholoepus didactylus,前・後足にそれぞれ3本の指(つめ)をもつノドジロミユビナマケモノBradypus tridactylus(イラスト)など,2属5種がある。…

※「フタユビナマケモノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フタユビナマケモノの関連キーワード怠け者・懶け者・樹懶ミユビナマケモノプラハ動物園新熱帯区樹懶

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フタユビナマケモノの関連情報