コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フチノ盆地 フチノぼんち

百科事典マイペディアの解説

フチノ盆地【フチノぼんち】

イタリア中部,アペニン山脈中の盆地。ローマ時代には面積約155km2の湖水があったが,何度かの干拓事業ののち,1852年―1870年に最も大規模な事業が行われて完成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フチノぼんち【フチノ盆地 Conca del Fucino】

イタリア中部,アペニノ山脈中アブルッツィ州にある盆地で,面積約200km2。平均標高は約670mである。ローマ時代には,面積約155km2の湖水があったが,カエサルの時代に最初の干拓計画がたてられ,何度かにわたって干拓事業がなされた。最も大規模なのは,1852年に開始されたもので,70年トルロニア伯爵によって完成された。干拓地の耕地の大部分は,同家の所有となったが,第2次大戦後,土地改革が実施されて自作農化と土地改良事業とがなされ,現在では,豊かな農業地帯になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フチノ盆地の関連キーワードアペニン[山脈]

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android