コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フチーニ フチーニ Fucini, Renato

2件 の用語解説(フチーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フチーニ
フチーニ
Fucini, Renato

[生]1843.4. モンテロトンド
[没]1921.2.21. エンポーリ
イタリアの小説家,詩人。トスカナの風景やそこに生きる人々の姿を描いた短編集『戸外にて』 All'aria aperta (1887) が代表作。ほかに『ピサ方言による 100のソネット』 Cento sonetti in vernacolo pisano (72) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フチーニ
ふちーに
Renato Fucini
(1843―1921)

イタリアの小説家、詩人。ピサ大学卒業。少年期から詩作に親しみ、『ピサ方言による100編のソネット』(1872)で注目を集める。その後、ナポリの人々の生活を活写した書簡形式のルポルタージュ『裸眼で見たナポリ』(1878)、悲哀と滑稽(こっけい)の入り交じった短編集『ネーリの通夜』(1884)、農民の困難な生活を方言を交えて描いた『戸外にて』(1887)などで、地方文学の代表的作家となった。[川名公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フチーニの関連キーワードアンドロステロンプロトンモンテゴベイモンテスモンテローザリッチモンドアポンテムズ新テロ特措法ジロマジトンド・ジロトンドMONTE CARDコレラエンテロトキシン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フチーニの関連情報