コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フベルトゥス Hubertus

世界大百科事典 第2版の解説

フベルトゥス【Hubertus】

655ころ‐727
マーストリヒト,のちリエージュの司教で聖人。伝説によれば,世俗の貴族であったが,復活祭の日に狩りに行ったところ,一頭の鹿の角の間に十字架幻視し改心したという(古代ローマの殉教聖人エウスタキウスの同様の伝説からの借用)。以後アルデンヌ地方での布教に努めた。狩人,山林官などの守護聖人で,狂犬病を鎮めるとされる。美術作品では,犬や鹿を連れた狩人または司教としてあらわされ,伝説から十字架を幻視する場面,司教に就任する場面などが表現される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフベルトゥスの言及

【エウスタキウス】より

…生涯の逸話の中では狩猟中の幻視がもっとも好んで表現される。中世末期以降,同様の伝説をもつフベルトゥスがしだいに崇敬されるようになり,エウスタキウスの美術表現は少なくなってゆく。祝日は9月20日。…

※「フベルトゥス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

フベルトゥスの関連キーワードレドニツェフベルトゥスブルクの和約フベルトゥスブルク条約シュレージエン戦争ヨーゼフ[2世]七年戦争

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android