コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フベルトゥス Hubertus

1件 の用語解説(フベルトゥスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フベルトゥス【Hubertus】

655ころ‐727
マーストリヒト,のちリエージュの司教で聖人。伝説によれば,世俗の貴族であったが,復活祭の日に狩りに行ったところ,一頭の鹿の角の間に十字架を幻視し改心したという(古代ローマの殉教聖人エウスタキウスの同様の伝説からの借用)。以後アルデンヌ地方での布教に努めた。狩人,山林官などの守護聖人で,狂犬病を鎮めるとされる。美術作品では,犬や鹿を連れた狩人または司教としてあらわされ,伝説から十字架を幻視する場面,司教に就任する場面などが表現される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のフベルトゥスの言及

【エウスタキウス】より

…生涯の逸話の中では狩猟中の幻視がもっとも好んで表現される。中世末期以降,同様の伝説をもつフベルトゥスがしだいに崇敬されるようになり,エウスタキウスの美術表現は少なくなってゆく。祝日は9月20日。…

※「フベルトゥス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フベルトゥスの関連キーワードマーストリヒトマーストリヒト条約ヨーロッパ理事会塵泥ビースト一人一人海老チリてっちりアマースト岩海老のチリソース煮

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フベルトゥスの関連情報