コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラキウス・イリリクス フラキウス・イリリクスFlacius Illyricus, Matthias; Matija Vlačić Ilir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラキウス・イリリクス
Flacius Illyricus, Matthias; Matija Vlačić Ilir

[生]1520.3.3. イリュリア,アルボナ
[没]1575.3.11. フランクフルトアムマイン
ドイツのルター派宗教改革者,教会史の開拓者。 1541年 P.メランヒトンの知遇を受け M.ルターの影響下に入ったが,のちに神人協力説に反対し,原罪は偶然ではなく,人間の本質的性質であるという考えを『聖書の鍵』 Clavis scripturae sacrae (1566) で著わし,人間の自由意志の存在を否定した。また 52年以来,全ヨーロッパの図書館の入手可能な資料を集めて書いた教会史『マグデブルクの世紀』 Centuriae Magdeburgensesで,ローマ教会の主張を反駁しようとした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フラキウス・イリリクスの関連キーワードアディアフォリスト論争

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android