コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラッシュバルブ flashbulb

百科事典マイペディアの解説

フラッシュバルブ

写真撮影用閃光(せんこう)電球。アルミニウムやジルコニウムなどの線や箔(はく)をガラス球につめ,電流をフィラメントに通じて点火する。写真機シャッターとの発光タイミングや,燃焼時間から,M級,F級,FP級などに区別。総光量,座金の形式により各種ある。エレクトロニック・フラッシュライトの発達により,現在ではほとんど用いられていない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のフラッシュバルブの言及

【せん光電球(閃光電球)】より

…写真の分野では,フラッシュバルブflash bulbともいう。ガラス球内にアルミニウム,またはジルコニウムの細線と燃焼用酸素ガスを封入し,その通電によって,写真の被写体を照明するために,短時間に限って大きな光出力を発する電球である。…

※「フラッシュバルブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

フラッシュバルブの関連キーワードせん光電球(閃光電球)デイライトシンクロフラッシュガンハンドル水洗便所

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android