フラッシュバルブ

百科事典マイペディア「フラッシュバルブ」の解説

フラッシュバルブ

写真撮影用閃光(せんこう)電球アルミニウムジルコニウムなどの線や(はく)をガラス球につめ,電流をフィラメントに通じて点火する。写真機のシャッターとの発光タイミングや,燃焼時間から,M級,F級,FP級などに区別。総光量,座金の形式により各種ある。エレクトロニック・フラッシュライトの発達により,現在ではほとんど用いられていない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「フラッシュバルブ」の解説

フラッシュ‐バルブ

〘名〙 (flashbulb) 瞬間的に発光する写真用照明電球。ジルコニウムやアルミニウムのワイヤーや箔などの発光剤と点火剤、酸素などを入したガラス球。閃光電球

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のフラッシュバルブの言及

【せん光電球(閃光電球)】より

…写真の分野では,フラッシュバルブflash bulbともいう。ガラス球内にアルミニウム,またはジルコニウムの細線と燃焼用酸素ガスを封入し,その通電によって,写真の被写体を照明するために,短時間に限って大きな光出力を発する電球である。…

※「フラッシュバルブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android