コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発光剤 はっこうざい

1件 の用語解説(発光剤の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はっこうざい【発光剤】

光を出すのに用いられる薬剤。炎光剤と火花剤,火の粉剤がある。炎光剤の炎は高温の気体反応により原子や分子のスペクトルを出すもので,その温度が1700~2300℃の低温系のものと2700℃以上の高温系のものがある。低温系は従来の花火に使われていたもので,比較的光が弱い。酸化剤として塩素酸カリウム過塩素酸カリウム過塩素酸アンモニウムなどが用いられ,助燃剤(被酸化剤)にはシェラックレッドガムなどが用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

発光剤の関連キーワード火花放電医薬靴刷毛角粉照りアザチオプリン発煙剤アスペルギルス属抗高脂血薬薬剤性ミオパチー

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

発光剤の関連情報