コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラビンモノヌクレオチド flavin mononucleotide

栄養・生化学辞典の解説

フラビンモノヌクレオチド

 C17H21N4O9P(mw456.35).

 FMNと略す.還元型をFMNH2と記す.リボフラビン5-リン酸ともいう.体内の酸化還元酵素の補酵素として機能する物質.ビタミンB2から作られる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のフラビンモノヌクレオチドの言及

【FAD】より

…260nm,375nm,450nmに吸収極大をもち,肉眼的には黄色を呈している。生体内ではFMN(フラビンモノヌクレオチド)とATP(アデノシン三リン酸)からFADピロホスホリラーゼ(FMNアデニリルトランスフェラーゼ)によって合成される。生体内においては,ピリジンヌクレオチドと並んで,多くの電子伝達系酵素反応に重要な役割を演じているが,中でもD‐アミノ酸酸化酵素,グルコースオキシダーゼ,各種酸素添加酵素の反応がよく知られている。…

※「フラビンモノヌクレオチド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

フラビンモノヌクレオチドの関連キーワードピリドキシンリン酸オキシダーゼアセチル補酵素Aフラボタンパク質フラビン蛋白質フラボドキシンフラビン補酵素色素タンパク質ビタミンB2フラビン酵素フラボ蛋白質リボフラビンアデニル酸FMNH₂ビタミンBFMNH2アデニン黄色酵素フラビンアポ酵素FAD

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android